≫ EDIT

ララの森

55
昔のLaLa読み返していました。




未少年のコミックスあとがきにも書いたのですが
うちには大学時代からコソコソ集めていた創刊当時からのLaLaがあって
話を聞きつけた近所のおばちゃんが
「読ませてほしいわぁ…」と言ってきます。

その話をしているおばちゃんの目の輝きがまるで少女のようで
世代を超えて、互いに乙女モードになって
ひかわせんせいはこうだった成田先生はああだった
うちのクラスではララを読んでるのはこんな子だった
マーガレットと派閥が出来てた などと
聞かせてもらうのがめちゃくちゃたのしいです。



私はチビ時代は
なかよしりぼんマーガレット少女コミックジャンプマガジンあたりを
兄の部屋やら いとこの家やら 歯医者の待合室やらで読みあさっておりましたが
ララを中高生あたりから読み始めて
大人っぽくて難しい話が多いので
やっぱおねえさん雑誌はちゃうわぁー…と思っていました。

で、雑誌でよんだだけじゃわからない長編ものも多かったので
コミックス・文庫を買いあさる、と。




漫画に まみれていました。




話は戻りまして、

いやぁー
文庫でしかもう読めないものを、雑誌に掲載された状態で
また読めるのは本当に楽しくて…。

ほら、だって、
文庫はカラー扉も白黒で収録されているし
雑誌の表紙絵なんかはそこでしか見れないし
作家さんコメントとか、表紙にあるアオリ文とか
(「波乱の展開でどうなっちゃうの!怒濤のアルカイックラブ!緊張のクライマックス!!」
…とか、そういうヤツです。担当さんが毎月頭を悩ませながら考えて付けてくれます。)
なんやかんやと雑誌でしか見れない作家さんの軌跡があるわけで……

(そうです、私は過去へ遡ってストーカーをしているわけです。)

だから集め始めてしまって現在にいたるわけですが…。





そもそもLaLaは花とゆめの増刊だったようで
1970年代の創刊近くのLaLaは花ゆめから
美内すずえ先生や魔夜峰央先生や和田慎二先生などが執筆されていて
濃厚に盛り上がっているのですが

1980年代のLaLaはいよいよ
LaLaから生まれた成田美成子先生、ひかわきょうこ先生たちも大活躍し始めていて、
今日まで続いている「LaLa色」が形成され始めている気がします。

その布陣にプラス竹宮恵子先生とか山岸涼子先生とか大島弓子先生などなど
超大御所少女漫画家の名が並ぶわけです…。



ス、すげー…。
相変わらず神々しい。





全体的に現在のLaLaと比べて、漫画1pあたりのコマ数が2倍ほどあるので
読むのに結構時間がかかります。

たのしい。

今日は木原敏江先生の摩利と新吾を辿って読んでいました。

たのしい。






思わず長文になってしまいました。

| 日常 | 17:39 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT